PR
スポンサーリンク
スポンサーリンク

あしかがフラワーパークイルミネーション2022-2023期間はいつまで?混雑状況と臨時列車について

イベント
記事内に広告が含まれています。

毎年イルミネーションの時期になると情報番組やニュースで必ず話題になる『あしかが(足利)フラワーパーク』。日本三大イルミネーションに認定され、イルミネーションアワードでは7年連続で全国第1位!

そんな、あしかがフラワーパーク『光の花の庭 Flower Fantasy 2022-2023』の期間やアクセス、臨時列車について調べてみました。

あしかがフラワーパークとは

栃木県足利市堀込町(現:朝倉町)に 「早川農園」 として1968年に開園。以来 「250畳の大藤」 として愛されておりましたが、都市開発の為 1997年に現在の足利市迫間町 ( はさまちょう ) に移設し、「あしかがフラワーパーク」 としてオープンしました。
園のシンボルである大藤が有名で、毎年4月~5月には「ふじのはな物語~大藤まつり~」 が開催されます。そして、10月下旬よりイルミネーション 「光の花の庭」が開催され、四季折々、数多くの花々で彩られており年間で 150万人以上の来園者が訪れる場所です。

まーま
まーま

年間150万人以上の人が訪れる人気の場所なのですねー!!

イルミネーション「光の花の庭」の開催期間について

光の花の庭 Flower Fantasy 2022-2023の概要

開催期間 2022年10月15日(土) ~ 2023年2月14日(火)
点灯時間 16:30~20:30(土日祝は21:00まで)
※11月5日(土)~1月初旬は平日21:00、土日祝21:30まで営業(予定)
休園日 12月31日(土) 

まーま
まーま

開催中、期間ごとに全部で3つのテーマに分かれています!
それぞれあしかがフラワーパークでしか見ることのできない演出のイルミネーションで、何度行っても楽しめそうですね!

3つのテーマと期間

光と花のコラボレーション ~光とアメジストセージの融合~:10月15日~11月中旬
フラワーパークのクリスマス ~クリスマスファンタジー~:11月下旬~12月下旬
ニューイヤーイルミネーション ~光と冬咲きボタンの競演~:元旦~2月14日

イルミネーションの入園料は?割引は?

【光の花の庭】入園料 ※15:30より販売

大人:1200円/子供:600円 

昼の部については花の咲き具合で変動するため、イルミネーション以外で行く予定の方はこちらから入園料を確認してください。

2022年10月15日~2023年2月14日までのイルミネーション『光の花の庭』期間中は「昼の部」と「夜の部」が入替制となります。 
夜の部はショッピングエリアから入園券が必要です。

東武鉄道から、割引往復乗車券と夜の部入園の割引がセットになった「あしかがフラワーパーク イルミネーションきっぷ」もあります。

アクセス方法

車の場合

【東北自動車道より】
◎佐野藤岡ICより、国道50号前橋・足利方面進行(約18分)
【北関東自動車道より】
◎太田桐生ICより、国道122号経由、国道50号足利・小山方面進行(約20分)
◎足利ICより、国道293号経由、県道67号佐野方面進行(約15分)
◎佐野田沼ICより、県道16号経由、県道67号足利方面進行(約12分)
※カッコ内の所要時間は平常時の目安です。

まーま
まーま

無料臨時駐車場6,000台があります。
公式ホームページによると、平日はわりとスムーズに停められるようです。

電車の場合

最寄駅は「あしかがフラワーパーク駅」です。駅からは徒歩3分程です。

JRの場合
 東京方面からJR湘南新宿ラインで小山駅へ
 小山駅からJR両毛線に乗り換えてあしかがフラワーパーク駅へ
東武伊勢崎線
 東京方面から東武伊勢崎線で館林駅へ
 館林駅から東武佐野線に乗り換えて佐野駅へ
 佐野駅から両毛線に乗り換えてあしかがフラワーパーク駅へ
東武伊勢崎線②
 北千住駅から東武線特急りょうもう号で足利市駅へ
 足利市駅からタクシーで15分程度
※以前は東武足利市駅からのシャトルバスがありましたが、現在は運行していません。

まーま
まーま

特急りょうもう号は指定席料金がかかりますが、ゆったりと座れて子連れの方にはオススメです!しかも北千住から足利市駅まで1時間程度で着きます!

また、東武鉄道から割引往復乗車券と夜の部入園の割引がセットになった「あしかがフラワーパーク イルミネーションきっぷ」が11月12日(土)から発売されました。
東武線を利用する方にオススメです!お求めは東武トップツアーズ各支店まで。

あしかがフラワーパークの地図はこちら。

臨時列車について

2022年12月17日(土)と24日(土)の2日間のみ、「あしかがフラワーパーク」向けの臨時特急列車があります。八王子〜足利間の「ときめき足利イルミ」と、吉川美南〜足利間の「きらきら足利イルミ」の2本で、各日1往復ずつ運転します。

まーま
まーま

臨時列車は足利駅までなので、そこからJR両毛線に乗り換えて「あしかがフラワーパーク駅」までは5分程度です!

特急 ときめき足利イルミ

・運行区間・時刻
 往路 八王子発 14:03 – 足利着 16:15
 復路 足利発 19:25 – 八王子着 21:53
・使用車両:E257系5両(全車指定席)

特急 きらきら足利イルミ

・運行区間・時刻
 往路 吉川美南発 15:05 – 足利着 16:51
 復路 足利発 19:57 – 吉川美南着 22:09
・使用車両:253系6両(全車指定席)

あしかがフラワーパークに行くときの注意点

栃木県の冬はとても寒いです!
私の地元は隣の群馬県なのですが、毎年、冬帰省する時に寒くてびっくりします。笑
昼間の気温は東京とそれほど変わらないのですが、朝晩がとても寒い!昼間でも風が吹いているときは寒くて顔が痛いくらい。
ですので、イルミネーションに行くときはいつもより厚手のコートやダウンを着てお出かけください。

まーま
まーま

できればヒートテックのような暖かい下着を着て、手袋やカイロを持っていくといいと思います!

まとめ

Twitterより
Twitterより

毎年たくさんの方が訪れるあしかがフラワーパークのイルミネーション。
実家の母が毎年行って写真を送ってくれるのですが、私もいつか行きたいと思いつつ、コロナ禍でなかなか行けなかったので今年は是非行ってみたいと思います!

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

あしかがフラワーパークの公式HP

スポンサーリンク
スポンサーリンク
イベント
スポンサーリンク
まーまをフォローする
アラフィフまーまのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました